キレやすい認知症患者同士が乱闘 介護施設に結成された『ファイトクラブ』

介護施設のスタッフは誰もが温かく親切。そう信じて認知症の家族を預けているが…。

社会

2019/10/19 18:20


 

■首を絞めるところまで続く乱闘

感情をコントロールし、冷静な思考や行動を維持する大脳の前頭葉と側頭葉が委縮する「前頭側頭型認知症」と呼ばれるタイプの認知症があるが、これを発症すると元の性格に関係なく興奮しやすくキレやすくなることがわかっている。

馬乗りになり相手を叩き、首を絞めるなどする入所者たち。大怪我や窒息の予感がしたところでタイソンらが間に割って入り、その日の『ファイトクラブ』の活動は解散になる。施設ではこんな恐ろしいことが繰り返されていた。


関連記事:高齢男性が妻をメッタ刺し 「悪い女だ」「こいつを片付けろ」と救急隊員に要求も

 

■キレる高齢者は要注意

妙に怒りっぽく、粗暴な言動で周囲を困惑させる高齢者がまれにいる。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,357名を対象に調査したところ、全体の62.9%が「キレる高齢者を目撃したことがある」と回答していた。

高齢者

怒る原因も不明、以前は穏やかだったという人においては、精神面でのトラブルのほかに前述のような認知症を発症する可能性もあるとのこと。医療機関を早めに受診するべきケースも多いようだ。

・合わせて読みたい→認知症の恐れがある高齢者のトンデモ行為 塗装職人が3階から転落

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日 
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)