世界で報告わずか80例の奇形 ペニスを持たない男児が誕生

絶望的にも思えるその奇形。しかし最新のバイオ医療技術のおかげで健康な男性としての人生も夢ではないという。

オトナ

2019/10/20 08:40

赤ちゃん・保育器
(Ondrooo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

発生の確率は部位によりまちまちだが、赤ちゃんが体の一部に奇形を伴って生まれることがある。その特に珍しいものとして挙げられるのが、このたび紹介する「陰茎欠損症」だ。


 

■極めて稀な「陰茎欠損症」

トルコのコンヤにあるネジメッティン・エルバカン大学付属病院で、このほど極めて珍しい「陰茎欠損症」の男の赤ちゃんが誕生した。

早い話がペニスを持たずに生まれたというその男の子。2つの睾丸があるものの陰茎は根部から欠損しており、いわゆる小陰茎症(マイクロペニスとも)と呼ばれるものとも異なるという。


関連記事:睾丸が機械に巻き込まれ引きちぎれる大惨事 流行ファッションが原因か

 

■1,000〜3,000万人に1人

陰茎欠損症の発生の確率について、「男児1,000万〜3,000万人につき1人と非常に稀な奇形です」と説明する主治医。

世界の学術誌系電子ジャーナルが閲覧できる『サイエンス・ダイレクト(Science Direct)』を確認しても、この陰茎欠損症は世界でわずか80例ほどしか報告されていないそうだ。

また、この赤ちゃんの股間には女性性器らしきものが確認できず、腹部超音波でも内性器の存在は認められなかった。さらに正常な精嚢と2つの睾丸があることから、この赤ちゃんは男の子とみなすべきだという。

次ページ
■早急に解決すべきほかの問題

この記事の画像(1枚)