泥酔男が飛行機の非常用ドアを… 激怒の乗客数名がトンデモ行動に

「空の旅はお酒をタップリ飲んで眠ってしまうに限る」という人も多いが…。

社会

2019/10/20 18:40


 

■酔っ払いばかりでウンザリ

機長の判断により同機はウズベキスタン・タシケントの空港に緊急着陸となり、男の身柄は空港警察へと引き渡された。

予定より4時間もの遅れが生じていたそのフライト。しかし再び離陸するとまた別のトラブルが発生した。同機にはほかにも泥酔男が2名乗っており、周囲との悶着やトイレでの喫煙により、いずれもプーケット到着と同時にタイ警察の職員に取り押さえられたという。


関連記事:「俺はコロナウイルス感染者」嘘でフライト緊急着陸 ミュージシャンを逮捕

 

■空の旅で飲みすぎは危険

このノードウィンド航空は機内でアルコールを提供しておらず、問題の乗客たちはいずれも空港内のバーなどで飲んでいた。飛行中の機内は気圧が低く酸素濃度が薄いため、末梢血管が拡張してアルコールの回りが早く、かつアルコール分解速度が遅いといわれている。

そのためアルコールが提供されるフライトでも、何度もおかわりして注意を受けたり断られたりするのは当然のことだという。

・合わせて読みたい→飛行機のエンジンに「幸運のコイン」投入 男性に186万円の支払い命令

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(2枚)