泥酔男が飛行機の非常用ドアを… 激怒の乗客数名がトンデモ行動に

「空の旅はお酒をタップリ飲んで眠ってしまうに限る」という人も多いが…。

社会

2019/10/20 18:40

飛行機非常口
(Artfoliophoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

旅客機におけるアクシデントに、乗客のなかに不心得者がいたため不本意ながら緊急着陸という、何とも許しがたいものがある。これもその1例ではないだろうか。



 

■南国への旅を楽しみに出発

そのアクシデントは、ロシアの航空会社であるノードウィンド航空(Nordwind Airlines)の、モスクワからタイのプーケットに向けて飛行中だったあるフライトで起きた。

その旅客機にはロシアのテレビ局で活躍する女性リポーター、エレナ・デミドヴァさんがたまたま搭乗。彼女はそこで起きていることを写真とともにリアルに報告してくれたが、「とにかく全員無事でよかった」とつぶやくありさまだ。


関連記事:異臭に続き客室乗務員2名が意識を失う アメリカン航空機が緊急着陸

 

■グルグル巻きにされた泥酔男

離陸後しばらくすると、デミドヴァさんの近くに座っていた泥酔状態の男の乗客が客室乗務員に絡むようになり、嫌がらせを続けた挙句、注意されると怒って非常用ドアを無理やり開けようとした。

ここでついに周囲の乗客の怒りが爆発。ひとりが「食品用ラップを」と言い、客室乗務員がそれを渡すと大人7人がかりでその男につかみかかり、ラップでグルグル巻きにすると座席に縛り付けたという。

次ページ
■酔っ払いばかりでウンザリ

この記事の画像(2枚)