味の感度3000倍になるウマさ! 札幌「麺屋雪風」辛味噌らーめん

魔性のウマさの辛味噌ラーメンに感動

グルメ地域

2019/10/21 11:00

日本に星の数ほどあるご当地ラーメンの中でも、『札幌味噌ラーメン』は、不動の王者といったイメージがある。「純連」や「すみれ」などの老舗もいいが、札幌旅行に行ったらいま流行りの札幌味噌ラーメン店にも行っておきたいところ。


画像をもっと見る

 

■いま話題の店『麺屋雪風』

そんな今話題の札幌味噌ラーメン店の中でも、かなり人気度が高まってきている店といえば、札幌市内に3店舗をかまえる『麺屋雪風』である。

こちらは定番の味噌らーめん(850円)のほかにも醤油や塩らーめんなど数種類のラーメンがあり、記者のイチオシは『辛味噌らーめん』だ。


関連記事:足立区綾瀬『中吉』の牛すじぶっかけラーメンが中毒レベルのウマさ

 

■記者イチオシ『辛味噌らーめん』

この『辛味噌らーめん』(900円)、いったい普通の味噌らーめんとなにが違うのかというと、味噌らーめんをベースに山椒や八角など、さまざまなスパイスがスープに使われている。

そのスパイシーなスープをひと口飲むと思わず「んほぉ!」と(心の中で)叫んでしまうぐらい、そのウマさに驚いてしまう。

3種類の味噌と豚骨、鳥白湯、かつお節、煮干しで仕上げた旨味の波状攻撃に味覚神経の感度が3,000倍になり、それに刺激的なスパイスが加わるとハートは辛味噌らーめんの牢獄に囚われたかのような錯覚に。

次ページ
■麺の旨さに支配される

この記事の画像(9枚)