『スッキリ』加藤浩次、日本ラグビーの懸念点を指摘 「その通り!」

ラグビーW杯・決勝トーナメントにて、南アフリカに破れてしまった日本チーム。国内外問わず称賛の声が上がっているが…。

エンタメ

2019/10/21 12:30

加藤浩次

3-26という点差で、南アフリカに破れてしまった日本ラグビー勢。しかし選手たちの健闘を称える声は鳴り止むことを知らず、むしろ次第に大きくなっている。



 

■激戦から一晩明けて…

21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、ラグビーワールドカップ(W杯)を大きく特集。南アフリカ戦を終えた直後の選手たちのインタビュー風景も流れ、視聴者からは感動の声が続出している。

翌22日の放送では日本代表選手7名がゲスト出演するとのことで、注目しているラグビーファンは多いのではないだろうか。


関連記事:ビートたけし、ラグビーについて熱く語る 「日本人の体験みたいだよね」

 

■元日本代表の意見

今回のW杯が開催するまで、日本国内ではあまり知名度が高くなかったラグビー。そのため「にわかファン」の急増が危ぶまれたが、試合の熱気に圧倒されて真のラグビーファンに開眼した人も少なくないだろう。

『スッキリ』では元ラグビー日本代表の大畑大介氏と加藤浩次が日本ラグビーの未来に対する熱いトークを繰り広げ、視聴者の注目を集めた。

大畑氏は「これを機にプロ化していって盛り上げていくのが良いと思います」「子供たちが大きな夢を抱けるステージを作っていくのが大事」と主張している。

次ページ
■本質をついた加藤のコメント