遼河はるひの自宅での料理の出し方とは 大皿と小皿どちら派だったのか

遼河はるひが自身のブログで食事の出し方について言及。大皿から取り分けるのか、小分けで用意されるのか…

エンタメ

2019/10/24 20:00

食卓の画像
(byryo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

元宝塚でタレントの遼河はるひが自身のブログを更新。自宅で出す料理についての考えを取り上げている。家族などテーブルを囲んで料理をする時、おかずがどのように出されていたかというものだ。

家庭によって価値観も異なるこの話。しらべぇ編集部でも話を聞いてみた。


 

■良いと言われても…

ブログは実家で夕食を食べた時の話からスタートした。様々な料理が並べられているが、これを見て遼河は、

「実家の食卓は、おかずもぜんぶ一人ずつ、、各々分けられている」


とコメント。定食のように1人ずつ皿が用意されているのが、遼河の実家におけるスタイルのようだ。この話を母としたようで、「大皿だと、どれだけ自分が食べたか分からないし、食べづらい」というのが理由で小分けにしているという。


関連記事:喫煙者でも許せなかった「タバコを吸う人の食事時のマナー」3選

 

■夫は「大皿」を提案

こうした背景もあり、遼河自身も料理を出す際は自然と小分けにして出している。しかし、夫の鈴木彩貴は以前に「いいよ! 一皿で一緒で」とメインのおかずを大皿で出して、そこから個々の取皿に持っていくスタイルを提案したそうだ。

しかし、「分けないと、、、旦那さんもっと食べたいのに、私があまり食べてないと思って、遠慮されてもね!」との理由で小分けのまま出し続けている。

料理の出し方と小さな出来事であるが、慣れていないと気乗りしないようだ。もっとも、鈴木も洗い物の量を考えて提案したのかもしれない。

次ページ
■編集部の家庭ではどうだった?

この記事の画像(2枚)