楽しい出来事が思い出になるのが寂しい… 「過去ばかり引きずるな」と反論も

楽しかった思い出も月日が立てば、過去の思い出になってしまう。それを、少し寂しいと感じる人もいるようだ

ライフ

2019/10/26 20:30


 

■楽しかった出来事から数日経ち

楽しかった思い出から、どれだけ経ったのか考える人もいる。

「好きなミュージシャンのライブや友達との飲み会などを振り返り、『もうあの日から3日も経ってしまったのか…』と感傷にふけることがある。


その瞬間は楽しかったけれど、それがどんどんと過去になってしまうのがとても寂しくて」(20代・女性)


■過去を引きずっても仕方ないので

どんな思い出であっても、過去を引きずるのはよくないとの意見もある。

「いいことでも悪いことでも、あまり過去を引きずるのはよくないと思う。昔にあった楽しいことが思い出になって寂しいならば、これから先にもっと楽しいことを作ればいい」(30代・男性)


しかし結婚して子供ができると、予定を入れるのが難しいとの声も。

「結婚して家庭を持ってからは、みんなと遊びに行くことがどうしても少なくなってしまう。お互いに子供ができると、さらに会えなくなってきた。そうすると友達との記憶は、どうしても過去の思い出になってしまって」(30代・女性)


日々、楽しさを更新していければいいのだが…。

・合わせて読みたい→ビートたけし、大学受験を語る 「東大受かったヤツも数学は俺よりバカだった」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)