70代女性が妊娠し出産に成功 「血を分けた子供が欲しかった」

自力では呼吸ができなかった赤ちゃん、そして超高齢ママの今の状態は…?

社会

2019/10/26 08:40

介護
(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

養子はいたものの、「どうしても実の子を産みたい」と体外受精で妊娠した70代の女性がいる。かなりの高齢ながら何ヶ月もお腹で胎児を育てたこの女性が、このほどとても小さい赤ちゃんを帝王切開で出産した。



 

■実の子を望んだ高齢夫婦

インドで暮らす70代の女性と80歳の夫は実子に恵まれぬまま高齢者になり、養子を大事に育てたものの「血を分けた子がほしい」という思いはどうしても払拭できなかったという。

そこで夫妻は「自然に妊娠しないだろうか」と頑張ってみたというが妊娠には至らず、「ならば」と病院に向かい体外受精に挑戦したという。


関連記事:新型コロナウイルス感染の妊婦が赤ちゃんを出産 「最初の検査では陰性」

 

■妊娠に成功

病院側の説明によると、女性は医師らに対し「75歳です」と年齢を伝えたとのこと。

女性が生年月日を証明する書類を提出できなかったため断定はできないというが、パッと見るだけで70代以上と判断できるほど老いていたため、「妊娠は難しいだろう」と当初は考えていたという。

しかし女性は見事に妊娠し、超高齢妊婦になった。

次ページ
■帝王切開で出産