永野、斎藤工のアドリブに「あっ俺だ」 共同制作の映画で2人が同化

斎藤工、永野らによる制作プロジェクト「チーム万力」初の長編映画『MANRIKI』が、11月29日より公開される。

エンタメ

2019/10/26 11:00

斎藤工 永野

斎藤工主演の映画『MANRIKI』が、11月29日よりシネマート新宿ほか、全国の映画館で順次公開される。

本作を手掛けたのは「チーム万力」。斎藤(企画・プロデュース担当時は齊藤工名義)、芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、映像ディレクターの清水康彦氏らによる制作プロジェクトだ。

しらべぇ取材班では今回、斎藤と永野にインタビューを実施。本作の見どころ、映画業界のトレンドについて話を聞いた。


 

■いっそ万力で顔をつぶせばいい

MANRIKI
(『MANRIKI』 ©2019 MANRIKI Film Partners)

本作で描かれるのは、斎藤演じる整顔師の猟奇的哲学。万力によって小顔矯正を行う美容クリニックを舞台に、物語が展開されていく。

『MANRIKI』制作の始まりは2016年の東京ガールズコレクションだった。ゲスト出演した永野は、同イベントの舞台裏に小顔プリクラが用意されていたり、モデルたちが小顔マッサージの話をしたりしていることに違和感を抱く。

ただでさえ小顔のモデルが、さらなる小顔を求めている。それならばいっそ、万力で顔をつぶしてあげたらいいんじゃないか、と。そんな話を酒の席でこぼしたところ、斎藤の頭に画が浮かび、今回の映像化に至った。


関連記事:永野、他の芸人のネタで笑う妻を見て気付く 「自分の笑いって…」

 

■永野と斎藤の共通点

———斎藤さんが永野さんの世界観に魅了されたことをきっかけに、今回の『MANRIKI』につながったわけですが、一方で、永野さんは斎藤さんのどういったところに惹かれますか?

永野:ラッセンなんかはいい感じに勘違いしてもらったんですけど、僕はもともと、人間の暗い部分を題材にしてネタを作ってるんです。人間が絶対に避けられない負の部分をシニカルに笑い飛ばそうって。


『MANRIKI』の撮影が終わって気づいたのが、斎藤くんの中にもそういうものがある。だから、僕は斎藤くんのこと好きですね。あと、最近はでんじろう先生も。


斎藤:今日付けじゃないですか。


———なんででんじろう先生?

永野:今日、斎藤くんと一緒に共演してきたんですよ。マッドサイエンティスト感がすごかった…。そこに斎藤くんと似通ったものを感じます。


斎藤:でんじろう先生は先輩って感じですね。崇めてます。


永野:でんじろうは爆発に憑りつかれてます。


———でんじろうって呼び捨てにしないでください(笑)。

斎藤:予想外の爆発がありましたからね。


永野:スタッフが大慌てなのに、でんじろうは笑ってました…。


———自分が焦りを見せたら、その場がよけいにパニックになると思って、でんじろう先生は平静を装っていたんですよ、きっと。

永野:だから、僕はでんじろう先生に『MANRIKI』を観てほしい。ピンポイントで申し訳ないですけど。


一同爆笑。

次ページ
■カメラマンさんが美しかった

この記事の画像(10枚)