嫉妬に狂った姉が妹を殺害 ナイフで189回刺し両目をくり抜く凶行

2016年に妹を惨殺した冷酷な姉に、有罪判決が下された。

社会

2019/10/26 17:40


 

 

■「妹の恋人がやった」と嘘も

妹の頭、手や脚、そして胴体。まさに全身に刃物を突き立て殺したにも関わらず、女は妹の恋人に罪をなすりつけようと試みた。

女の言い分は「あいつは嫉妬していたのよ」というもので、「モデルとして働いていた妹がヌード写真の撮影にも応じたからだわ」などと堂々と主張。

しかし恋人は現地メディアの取材に応じ「殺害にはまったく関わっていません」と断言し、捜査にあたった当局も恋人につき「彼は目撃者であって容疑者ではない」とあっさり断定した。


関連記事:27歳の男が妹を殺害 フェイスブックの友達リストから削除され逆上

 

■懲役13年の実刑判決

拘束されても表情すら変えなかったこの残酷な女に、裁判所はようやく懲役13年の実刑判決を下した。なかには「無罪なのでは?」と疑う関係者もいるというが、女が妹への嫉妬に狂い、心の底から憎んでいたことは間違いないようだ。

・合わせて読みたい→尼神インター誠子、妹の写真が「美人すぎる」「目がそっくり」と大反響

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原