6歳の息子を必死で守った母親 サメに襲われ両腕と左胸を失う

「海は怖い」と言う人が年々増えている。サメはその大きな一因だ。

社会

2019/10/26 09:00

ホオジロザメ
(Peter_Nile/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

美しい海でゆったりと過ごす休暇は最高だが、サメにだけは警戒が必要。またしても恐ろしい悲劇の話題が伝えられた。



 

■遊泳中に襲われる

南太平洋に浮かぶフランス領ポリネシア・ソシエテ諸島の島の一つ、モーレア島。21日、ここで休暇を過ごしていたフランス人の一家がサメに襲われた。

その島ではたくさんの観光客がホエールウォッチングやクルージング、遊泳などを楽しんでいたが、サメが狙いを定めたのは海で泳いでいた6歳の男の子とその母親だった。


関連記事:サメが21歳女性を襲う 四肢をボロボロに食いちぎられ死亡

 

■6歳息子を守り抜いた母親

サメが現れたことで、咄嗟に息子をかばった35歳の母親。幼い命だけは守りぬこうと文字通り体を張った彼女は、息子が見ている目の前でサメに襲われ、両腕と乳房を食いちぎられる重傷を負った。

まずは海辺の最も近いホテルの桟橋部分に運ばれ、そこでヘリコプターを待ち、タヒチの大きな病院に空輸されたという。

次ページ
■肋骨がむき出しに