台湾マニアも唸る『民生炒飯』が横浜に出店 牛肉炒飯の衝撃的な味に驚き

台湾発の人気チャーハン店をご紹介

グルメ地域

2019/10/26 12:30

さまざまな美味しい中華料理店が軒を連ねる『横浜中華街』。中国に本店のある名中華料理店も多数存在するが、いま一番アツい店といえば、台湾で大人気の『民生炒飯』だろう。


 

■民生炒飯

民生炒飯は中華街のかなりはずれのほうにあるにも関わらず、記者が訪れた日はかなりの行列で1時間ほど待つことになった。

メニューは非常にシンプルで、店自慢の『牛肉炒飯』は1,000円、その他のチャーハンも900円からとチャーハン専門店にしては少し強気な値段設定だ。


関連記事:横浜中華街で一番美味しいと言われるチャーハンを食べてみた『同發別館』

 

■五目炒飯はシンプルな味

最初に注文した五目炒飯(1,000円)は、チャーシューや台湾ソーセージが入ったオーソドックスなもの。食感は街中華によくあるシットリ系でも、本格中華料理店のパラパラ計でもない感じ。

量はそこまで多くなく、味付けも濃くないため女性でもペロッと食べられてしまうだろう。女性からのテイクアウトの人気が高いのもうなずける。

次ページ
■牛肉炒飯はバランスの良い一品