悪質なユーチューバー兄弟 動画が原因で逮捕されるも「笑いたかっただけ」

他人のリアクションに頼り視聴回数を増やそうとした兄弟に、深く反省している様子はない。

社会

2019/10/27 06:00

撮影
(maxoidos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動画視聴回数を増やそうと、他人に多大なる迷惑をかけてまで動画を撮影する非常識なユーチューバーが増えている。そんな中、くだらぬイタズラ企画で笑いをとろうとしたユーチューバー兄弟が通報され逮捕された。


 

■低俗すぎるイタズラ企画

オーストラリアで暮らすある兄弟は、YouTubeにイタズラ動画を続々とアップ。とりわけ問題になった動画の内容は、通行人の背後に忍び寄り、その耳元でいきなり空気警音器を大音量で鳴らし驚かせるというものだった。

この兄弟は過去にはドライブスルーの客を装い店員を大音量で驚かせたほか、人の背後で突然くしゃみをしたふりをして水滴を吹きかけ「鼻水が体にかかった」と思いこませるなど、イタズラの中でも低俗で嫌がらせに近い動画も多く公開している。


関連記事:フィフィ、悪質なイタズラ動画「バカッター」が身近に 「家族を巻き込むことを自覚して」

 

■通報された兄弟

調子に乗りスター気取りだった兄弟だが、このイタズラのターゲットにされたある人物が「これは許しがたい」として通報。「耳元で大きな音を立てられたせいで音が聞こえにくくなった」と警察に伝えたことで、この兄弟は暴行罪で告発された。

この件で逮捕されたのちに保釈された兄弟がメディアの取材に応じ、反省しているとは思えないコメントで人々を驚かせている。

次ページ
■あきれた言い分