殺し屋が下請けを雇い、下請けはさらに下請けを… 殺し屋5名逮捕で依頼人も唖然

複数の殺し屋がかかわる狡猾な下請け殺人。しかし人が増えれば増えるほど報酬はどんどん減っていく。

2019/10/27 13:30

殺し屋
(asiandelight/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「殺人」を依頼された殺し屋は、自ら手を下せば高額の報酬を独り占めすることができる。だが捕まったら人生はそこで終わりだ。それなら、自分の取り分が減っても別の殺し屋を雇えば…!?



 

■依頼人は報酬3千万円を用意

その事件は中国・広西チワン族自治区の南寧(なんねい)市で2013年、不動産業を手広く営むTan Youhuiという男が、トラブルにつきWeiという男性に訴えられたことが発端となって起きた。

Weiを消したいと考えたTanは殺し屋Aを雇い、その報酬として200万元(日本円にして3,076万円)を現金で手渡したという。


関連記事:「女性を殺して脳みそを食べた」 狂気のカニバリズム殺人で21歳男を逮捕

 

■捕まりたくない殺し屋たち

ところが中国で刑事事件を起こすと刑罰は非常に重く、容易に死刑になる。さらに近年は町の隅々にまで防犯カメラが設置され、警察の犯人検挙率も大幅に向上。犯行後の海外逃亡などは年々困難になっている。

こうして殺し屋Aは、自分の代わりに手を下してくれそうな別の殺し屋を雇うことを考えた。報酬から半分をはねて「100万元(約1,540万円)でどうだ?」と提案したところ、殺し屋Bが飛びついてきたという。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■ピンはねに続くピンはね
不動産トラブル中国殺人事件報酬殺し屋ヒットマン下請け広西チワン族自治区ピンはね
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング