「お散歩」に反応する愛犬に他の単語を話していると… 夫の反応に爆笑

恋愛マスター・くじらの妻でブロガーの佐々木かいさんがブログを更新。「お散歩」に反応する愛犬に試しに他の言葉で呼びかけていたところ…

エンタメ

2019/10/29 12:30

 

■「わかる」「うちの犬も」

なお、のりたま氏は「お母さん」にも「おばあちゃん」にも反応せず。

このブログ記事に対し、読者からは「朝から爆笑してしまいました」の声のほか、「うちのプードルたちも お散歩の言葉にはとても敏感です。 お散歩って言わなくても 私が行こうかなと思っているだけで 察していたりします」「わかるー! うちの子は『お散歩』と『ササミ』に反応して首を傾げますー!」など、同じように犬と暮らしている人から共感の声が寄せられた。


関連記事:夫との留守番後に「愛犬の尿の色」が変化 焦る女性が気付いた原因は…

 

■気持ちが不安定な人は4割弱

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,344名に「精神状態について」の調査を実施。その結果、「気持ちが不安定なことが多い」と答えた人は全然の37.3%であった。性年代別では、20代から30代の女性で多くなっている。

精神的に不安定性年代別グラフ

くじらに情緒を心配されたと綴ったかいさんだったが、実際はその逆で、家庭内が平和なのが伝わってくるブログであった。

・合わせて読みたい→女友達の年賀状が夫の部屋にあった… 「過去の発言」思い出し修羅場に

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)