御嶽海、意外にも魚が触れないほど苦手 「可愛すぎる」の声殺到

『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)で、御嶽海と阿炎が山梨県を旅した。

エンタメ

2019/10/31 09:00

魚・釣り
(49pauly/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

30日に放送された『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)では、高校時代から大の仲良しだという御嶽海と阿炎が山梨県を旅した。

御嶽海といえば9月場所で優勝を果たし、より注目が集まっているが、視聴者の間では、土俵の上では見られない御嶽海の知られざる一面が話題を呼んでいる。


 

■生きている魚が苦手

ちゃんこ鍋で使う食材を集める中で、3品目は魚であることが判明。魚を傷つけないよう、生簀に入って捕獲に挑むことが決まると、御嶽海は「あの…生きた魚触れないです」と、突然カミングアウトした。

生きた魚が触れないほど苦手だという御嶽海は、阿炎や他のゲストと協力して、なんとか網で魚を3匹ゲット。するとその直後、阿炎が魚を手づかみし御嶽海に接近。

御嶽海は「待って待って! 本当にごめん!」と本気で怯え「ガチだから!」と、鬼気迫る表情で魚が苦手だということを阿炎に強く訴えた。


関連記事:【海で泳ぐだけじゃない】のどかな絶景!八重山諸島・竹富島を全力で遊び尽くす方法

 

■「反応が可愛い」と話題に

視聴者からは「あれで魚触れないのは可愛い」「魚に対しての反応可愛すぎ」など、意外すぎる御嶽海の苦手なものが明らかになったことに対して「可愛い」という声が続出。

一方、阿炎と御嶽海のじゃれ合いには「本当に仲いいなぁ」と、2人の仲の良さに思わずほのぼのする視聴者も続出した。


■異性のギャップのある姿に萌えがちな割合は?

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,653名を対象に調査を実施したところ、42.1%が「異性のギャップのある姿に萌えがち」と回答。

調査異性のギャップ

大きい体ゆえに無敵というイメージの御嶽海だが、意外すぎる苦手な物が明かされたことで、そのギャップから好感を持つ人も相次いで続出するに違いない。

・合わせて読みたい→小泉進次郎環境相が熱弁 「日本の砂浜9割消滅」「魚よりプラスチックゴミ多く」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)