人気ラッパー、渋谷ハロウィンで海外ギャングに絡まれ… 「強すぎる」

ハロウィン期間中は治安の低下が懸念されている渋谷。人気ラッパーが遭遇したのは…。

エンタメ

2019/11/01 06:45

SHO aka S.TIME
(画像はSHO aka S.TIME公式ツイッターのスクリーンショット)

若者の街・渋谷は、ハロウィンのシーズンが近づくとさらに賑やかになってくる。しかしゴミ問題や痴漢の出現など、あまり好ましくない要素が懸念されているのも確かだ。



 

■人気ラッパーが遭遇したのは…

人が大勢集まる場所では、それだけトラブルに遭うケースも増えるもの。ラッパーのSHOは30日に自身のツイッターを更新し、1分半程度のショートムービーを公開している。

冒頭では食レポを始めた様子のSHOが寿司を手にし、「ワサビをつけて美味しく頂きたいんだけど、どれを食べようかな」と呟きながら渋谷の街中を歩き始めるシーンが登場。すると前方を歩いていた外国人に肩がぶつかり、英語でまくし立てられてしまう。


関連記事:回転寿司で食事をした男性 トイレから戻ると「信じられない光景」に目を疑う

 

■意外すぎる解決法

「ソーリー」と英語で謝罪し続けるSHOだが、相手はかなりご立腹の様子。襟元をつかまれ、壁際に追い込まれてしまった。

第三者が間に入って何とか場を収めようとするシーンも見られたが、それでも怒りはおさまらない。このまま喧嘩に発展してしまうと思われたが、SHOが突然「ドゥーユーライクスシ?」と問いかけると事態は一変。

それまで聞く耳を持たない状態だった外国人が突如態度を変え、「アーユーハングリー?」「ディスイズジャパニーズスシ」というSHOの言葉に反応し始める。

次ページ
■スムーズな和解

この記事の画像(2枚)