高嶋ちさ子、息子の弁当作りへの持論に拍手喝采 「何が悪い?」

高嶋ちさ子がインスタグラムを更新。子供の弁当作りについて持論を展開し、ネット上は共感の嵐に。

エンタメ

2019/11/01 06:00

高嶋ちさ子

バイオリニストの高嶋ちさ子が、31日に自身のインスタグラムを更新。子供の弁当作りに対する持論を展開し、ネット上で共感の声を集めている。



 

■オラフを作ってみたが…

12歳の長男、10歳の次男を子に持つ高嶋。今回の投稿では、偶然出てきたというキャラ弁の写真を公開した。子供たちが幼稚園生だったときの写真のようで、「ひつじのショーン」や「ヒトカゲ」など有名なキャラクターを模したお弁当が写されている。

しかし、そのほとんどが夫が作ったものだという。唯一高嶋が作ったものが、アナ雪の「オラフ」。弁当箱に「入りきらず首が折れ曲がって」しまったために、不評を買ってしまったのだそう。

高嶋はこの一件を受け、「朝からこんな面倒くさいことができるか!」とヘソを曲げてしまったようだ。

View this post on Instagram

子供達が幼稚園の頃のお弁当の写真が出て来た。 ひつじのショーンが大好きだった頃は、夫がせっせとショーンを作り、後ろのひつじが前のひつじをチラ見してるのがポイントだそうです。 ヒトカゲが好きだった時はヒトカゲを作り。 オラフが好きだった頃はオラフを作り、オラフが卵焼きに手を伸ばしてるのがポイントだそうです。 ママは一度だけオラフを真似しましたが、入りきらず首が折れ曲がってるオラフになり不評でした! 朝からこんな面倒くさいことできるか! 最近は、楽屋から盗んだまい泉のカツサンドを冷凍にし、お弁当袋に箱ごと突っ込むだけ。 息子も大喜び、何が悪い? 友達には「お前のカツサンドいつも賞味期限切れてんな?」と言われてるらしいけど、冷凍保存だから問題ねーよ、と言ってるらしい。

A post shared by Chisako Takashima (@chisakotakashima) on


関連記事:剛力彩芽に高嶋ちさ子がダメ出し 「男で失敗する」に共感の声相次ぐ

 

■簡単弁当に「何が悪い?」

いまでも子供たちの弁当を作ることがあるという高嶋だが、その中身について「楽屋から盗んだ『まい泉』のカツサンドを冷凍にし、お弁当袋に箱ごと突っ込むだけ」と語る。

これを開封した子供は、友達から「お前のカツサンド賞味期限切れてんな?」と言われるらしいのだが、「冷凍保存だから問題ねーよ」と返しているのだそう。「息子も大喜び、何が悪い?」と読者に問いかける高嶋だった。

次ページ
■「その考え方が素敵」