ギャルママ、中3息子にプリクラをおねだりしたら… 「提示された金額」に驚愕

元カリスマギャルモデルの心育児研究家・日菜あこがブログを更新。中3の長男にプリクラを撮ろうと提案したところ、10万円を提示されてしまったことを明かした。

エンタメ

2019/11/02 05:45

思春期を迎えた子供は、親に対してそっけなく接しがち。大人になるうえで通るべき道とわかっていても、親としては辛いものだ。

元カリスマギャルモデルで、3児の育児の様子を綴ったブログが人気を集める心育児研究家・ブロガーの日菜あこが、30日に更新したブログ記事が注目を集めている。



 

■プリクラをめぐって…

現在、中3の長男、中1の長女、小5の次女の3人の子供を育てている、シングルマザーの日菜。この日は中学3年生で、思春期真っ只中の長男と、ゲームセンターを訪れた際のエピソードを綴る。

先日15歳を迎えた日菜の長男。そんな彼と「2ショットでプリクラを撮りたい」と日菜は考えていたのだが、「一見、簡単なミッションに見えるけど思春期になるとこれが非常に難しい」と述べる。

彼女によると「昔は1,000円で写メを撮ってくれた」そうだが、今回は個室で距離感も近くなるプリクラだったため、「10,000円くらいは必要か…? 高いけど…」と考えたようだ。


関連記事:ギャルママ、反抗期迎えた中3息子の行動に涙 「ふと見ると…」

 

■10万円提示され撃沈

すでに写メに1,000円を支払っており、プリクラなら1万円も辞さないと考えていた日菜だったが、「こんな機会以外ないから…」と覚悟を決めて「なんでも言うこと聞くからプリクラ一緒に撮って下さい」とお願いすることに。

すると、長男は「じゃ…10万で」とまさかの金額を提示する。さすがの日菜も「いやいやそれは無理!」と言ったところ、冗談ではなくガチなトーンで「じゃ、無理」と返答。ゲームセンターから去って行ったという。

このまさかの展開に日菜は「10万…無理だよー」と肩を落としつつ、「必ずこんな日が来るのお子さんが小さいママさんは今のうちに抱きしめて」と読者のママたちに呼びかけたのだった。

次ページ
■共感の声