やりすぎると悪化するのに… 蚊に刺されると爪で跡をつける理由

蚊に刺されたところに、爪を立てて跡をつける人がいる。あまり意味のない行為だが、ついやってしまうのだろう。

ライフ

2019/11/02 11:00

蚊に刺され
(parinyabinsuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

虫に刺されたところは、かきむしると跡が残ってしまうのでよくないとされている。しかしかゆみを緩和させるために、爪で十字に跡をつけている人もよく見かけるものだ。


 

■「蚊に刺されると爪で跡をつける」4割近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「虫さされについて」の調査を実施。

蚊に刺されると爪で跡をつけるグラフ

「蚊に刺されると爪で跡をつける」と答えた人は、全体で35.7%だった。


関連記事:睡眠中に耳元で「蚊がブンブン」…起きて戦う人の4つの特徴

 

■爪を立てないと気が済まない

性年代別では、10代女性が一番多くなっている。

蚊に刺されると爪で跡をつける性年代別グラフ

子供の頃からの癖で、爪を立ててしまう人が多いようだ。

「子供の頃からの癖で、蚊にさされたときには爪で十字に跡をつける。一時的にかゆみが引く気がするし、なんかもうやらないと気が済まない感じになっている」(10代・女性)

次ページ
■爪を立てても意味がないので

この記事の画像(3枚)