やりすぎると悪化するのに… 蚊に刺されると爪で跡をつける理由

蚊に刺されたところに、爪を立てて跡をつける人がいる。あまり意味のない行為だが、ついやってしまうのだろう。

ライフ

2019/11/02 11:00


 

■爪を立てても意味がないので

蚊に刺された跡に爪を立てても、あまり意味がないという意見も。

「べつに蚊に刺された跡を爪で跡をつけたところで、あまり意味がないと思う。やりすぎると傷が残るかもしれないし、あまりいい行為とはいえない。それならば素直にかゆみ止めでも塗って、おとなしく治るのを待つのが一番いいと思う」(20代・男性)


関連記事:賀来賢人、主演ドラマで覗かせる自信 「チャレンジングで面白い」

 

■子供の頃はよくしていたけれど

子供の頃は虫さされの跡に爪を立てていたが、大人になってからはまったくしなくなった人もいる。

「子供の頃はよく、蚊に刺されたときに爪の跡をつけていた。だけど大人になってからは、まったくしなくなっている。


ニキビも若い頃には平気で潰していたけれど、今はやらなくなってしまった。一時的な快楽のために、後で肌トラブルになるのが怖いのだと思う。自然治癒力も若い頃と比べると、断然に遅くなってきているからね」(30代・女性)


蚊に刺された跡に爪を立てるのはよくないとわかっていながらも、ついやってしまう人が多いのだろう。

・合わせて読みたい→大久保佳代子&ぺえ、「肌キレイ」と褒める女に激怒 「死ねって思う」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数

この記事の画像(3枚)