女児に犬が噛みつき重傷 病院が「示談ではなく裁判」を勧めた理由

室内で放し飼いになっている犬は多い。そして、何が興奮や怒りの引き金になるかわからないことも…。

社会

2019/11/03 17:20

猛犬
(YuriyGreen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

他人の家で飼われている犬に噛まれて負傷というアクシデントは時おり起きている。飼い主が治療費を全額負担して慰謝料を添え、示談で済ませるというケースがほとんどかもしれない。だが、こういうケースもあることを覚えておきたいものだ。



 

■少女がジュースを飲み始めると…

そのアクシデントは、観光地としても有名な英国コッツウォルズの小さな村で発生した。

Facebookに「2段ベッド売りたし」という広告を出したある家庭に、「現物を見たい」として訪問日時の約束を取ったウスターシャー州ハニーボーン在住の夫婦。

当日は5歳の娘を連れてその家を訪れ、家具を見るため夫妻だけ上階へ。すると1階でジュースをもらい、飲み始めた娘を飼い犬がいきなり襲ったという。


関連記事:近所のダルメシアンを殺害した男 「毛皮のコート着たかった」との供述で精神鑑定へ

 

■36針を縫う大怪我

少女は頬に重傷を負い、血だらけで病院に搬送された。36針を縫うほどの大怪我を負ったその傷跡は痛々しく、医師からは「一生残るかもしれない」と告げられている。

夫妻は娘の治療にあたった病院の医師に、その時の状況について詳しく説明。すると「それは示談にせず警察に被害届を出し、裁判に持ち込むべき案件だ」と強く勧められた。

次ページ
■法廷で厳しく裁かれた飼い主