10歳少女を強姦し殺害した少年 無罪判決で「少年法の改正を」

遺族の悲しみや怒りにどう配慮しても、壁となるのが「刑事責任を問える年齢」だ。

2019/11/04 07:30

ベッド
(somkku/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

近年、中学生や小学校の高学年生が凶悪な事件を起こすケースが急増している。「少年法適用の年齢を引き下げて」と訴える動きは加速するばかりだが…。



 

 

■強姦後に刺殺し遺体遺棄

日本と同様、十代前半での少年犯罪が激増している中国。遼寧省大連市で1ヶ月ほど前、自宅に連れ込んだ10歳の少女を強姦し、刃物で刺し殺して遺体を水路に遺棄したCaiという13歳の少年が逮捕された。

犯行を認め、手錠姿で裁判所に出廷したCai。しかし中国では刑事責任を問える年齢を「14歳以上」としているため、当然ながら事実上の無罪が言い渡された。


関連記事:ネットで出会った15歳と12歳が駆け落ち 少年が見せた「男の気概」に驚く

 

■リハビリ指導だけで大丈夫か

主文のなかで「少年には精神面での正しい指導で改善更生を」と述べた判事は、Caiにリハビリ施設で3年にわたり更正プログラムを受けるよう命じたのみだった。

ほかの中学生が勉学、試験、部活動などに追われるなか、この少年が入所するリハビリ施設は、凶悪事件を起こした大人たちが収監される檻とは環境が全く違うという。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■激怒の国民「少年法の改正を」
中国法改正刺殺少年性的暴行刑事責任少年犯罪遺体少年法刑罰
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング