女性バーテンダーが思わず号泣 客に手渡された宝くじが当選

客から粋なプレゼントを手渡され「夢をもらった」と喜んだ女性だが、単なる夢ではおわらなかった。

社会

2019/11/04 11:30

宝くじ・ロト
(LeventKonuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一生懸命に仕事に励んでいた女性に、「これをどうぞ」と宝くじを手渡した客がいる。それが当選くじかどうかを確認しにいった女性は予想だにしない展開に驚き、「思わず声をあげて泣いてしまった」という。



 

■客から手渡されたもの

米ミズーリ州のスポーツバーで働く女性バーテンダー(33)が、常連客のひとりから宝くじを1枚手渡された。とても気前が良いこの客は、時には店にいる人全員に「さあ、どうぞ」と宝くじを配ることがあったという。

それでも店で働く人たちに渡すチップの金額が減るわけではなかったといい、「喜んでもらおう」という気持ちで宝くじを購入しては、十分なチップに添えて宝くじを差し出してくれたという。


関連記事:マツコ、副業は宝くじと一緒説を提唱 「本業ありきを忘れちゃダメ」

 

■当選に驚いた女性

この客からもらった宝くじを手に、女性は宝くじの当たり番号が確認できる機械が設置してある店を訪問。くじを機械にかざしてみたところ「ここでは現金化はできません」「5万ドル(約541万円)が当たりました」というメッセージが出てきたため、腰がぬけるほど驚いたという。

予想もしていなかった展開に動揺した女性は一瞬固まり、その後に声をあげて笑ったあげくに号泣。「もしかしたら…」とわずかに期待はしていたものの、まさかの結果を知り感情的になってしまったようだ。

次ページ
■当選金のつかい道

この記事の画像(1枚)