母親に結婚の報告をしたら… 「返ってきた言葉」で絶縁を覚悟

結婚する息子から、化粧をするように求められた。

社会

2019/11/05 07:00

白髪染め
(Ekaterina79/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

息子が結婚する話を受け、親は困惑し始めた。というのも、息子が結婚を報告してから、母親になにかと注文をつけてくるようになったのだという。こうした悩みが『Yahoo!知恵袋』に投稿された。


 

■白髪が増えても…

母親はこれまで、まったく化粧をしてこなかった。白髪が増えて目立ってきても、染めようとも思わなかった。

だが、息子から、結婚相手に会わせる時、両家顔合わせ、結婚式では髪を染めて化粧をしてきてほしいと注文が入った。投稿主は「するつもりはない」と突きつける。


関連記事:結婚の挨拶で彼女が「とんでもない暴言」 家族は激怒し、結婚は暗礁に…

 

■式には出ないと伝えると…

そう突き放しても、食い下がろうとしない息子。投稿主はあいさつはいらない、両家顔合わせもしない、式にも出ないと伝えると「それは困る」と返される。

投稿主は、本人同士がいいなら相手の親を気にせず結婚すればいいと伝える。

化粧をしない理由については、「肌の弱さ」と挙げていた。投稿主は「私のことより自分のことしか考えられない子に育ってしまったなんて、子育てはうまくいかないもの」「これ以上言ってくるようなら絶縁を言い渡すしかないのか?」と呆れ果てている。


■化粧するのは面倒?

なお化粧についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部では、その本音を探るべく全国の20~60代の女性687名を対象に調査を実施したところ、「正直『化粧するのは面倒くさい』」と回答したのは67.7%となっていた。

投稿主のように、肌が弱いために化粧をしない人に無理強いをするのはよくないかもしれない。

・合わせて読みたい→工藤静香、薄化粧の近影に驚きの声 「若い頃と変わらず…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の女性687名

この記事の画像(1枚)