女子バスケ・馬瓜エブリン、あまりのかっこよさに性別を間違える視聴者続出

『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に最強アスリートが集結した。

エンタメ

2019/11/06 10:30

馬瓜エブリン
(画像は公式Twitter馬瓜エブリンのスクリーンショット)

5日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、様々なジャンルのアスリート達がスタジオに集結しトークを展開。

その中でも特に、バスケットボール女子日本代表・馬瓜エブリン選手に視聴者の注目が集まっている。


 

■ノリが良い一面も…

馬瓜選手にはガーナ出身の両親がいるが、馬瓜いわく、日本生まれ日本育ちであるため日本語しか話せないという。

長身かつハスキーボイスが魅力的な馬瓜選手だが、司会の明石家さんまに好みのタイプを聞かれた際「もちろん、さんまさんじゃないですか」とすかさず答えるなど、お茶目な一面も見せている。

馬瓜選手はその後「自分がちょっと変わっているかもと思ったとき」について語り、数字の4が苦手であることを告白した。


関連記事:ビッグダディ、道の駅で爆買い 「安い!」と連呼し入手したのは…

 

■あっち向いてホイで負けたくない?

馬瓜選手は占いなどは全然信じないが、語呂についてはだいぶ気になるところがあるという。

例えば、ビュッフェなどで料理を4つ取って1周した場合には、ずっと頭がザワザワし「死だ」と考えてしまうとのこと。そのため、また1つ取る料理を増やすということをしてしまうという。

そんな馬瓜は自身の性格について「負けず嫌い」と語り、あっち向いてホイでも負けたくないと明かした。なお、この発言には他のアスリートも「分かる」と頷き、共感を得ている。


■イケメンだがじつは女性

初登場した馬瓜選手について、視聴者からは「めっちゃかっこいいと思って観てたら女性だった」「男性だと思ったら女性だったことに驚いた」など、性別を勘違いしていたという声が多く上がった。

「イケメン」と評されるその一方で、トークに対しても「めちゃめちゃ面白い」「バラエティ慣れしすぎ」と称賛する声も続出している。かっこいいだけでなくトークも面白い馬瓜選手。この放送をきっかけにますますファンが増えてしまうに違いない。

・合わせて読みたい→「お宅の馬と性交させて」 断られ逆ギレした男の行動に唖然

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

この記事の画像(1枚)