サッカー日本代表に初選出4名 負傷から復帰の大迫選手は見送り

「FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023 予選」日本代表メンバーが発表。

関塚隆技術委員長、森保一監督

6日、都内にて「FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023 予選」および「キリンチャレンジカップ2019」SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー記者発表が開かれ、日本代表の森保一監督と日本サッカー協会の関塚技術委員長が登壇。


 

■大迫は見送り

この日発表されたのは、11月14日(木)にビシュケクで行われる「 FIFA ワールドカップカタール 2022 アジア2次予選兼AFC アジアカップ中国2023 予選」キルギス代表戦、そして11月19 日(火)にパナソニックスタジアム吹田で行なわれる「キリンチャレンジカップ2019 」ベネズエラ代表戦に臨む日本代表メンバーだ。

<キルギス代表戦>

GK:川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエル


DF:長友佑都、吉田麻也、佐々木翔、酒井宏樹、室屋成、植田直通、安西幸輝、畠中慎之輔


MF:山口蛍、原口元気、柴崎岳、遠藤航、伊東純也、橋本拳人、中島翔哉、浅野拓磨、南野拓実、鎌田大地


FW:永井謙佑、鈴木武蔵


<ベネズエラ代表選>

GK:川島永嗣、権田修一、中村航輔


DF:佐々木翔、車屋紳太郎、室屋成、植田直通、三浦弦太、畠中慎之輔、進藤亮佑(初選出)、荒木隼人(初選出)


MF:山口蛍、原口元気、柴崎岳、大島僚太、橋本拳人、中島翔哉、浅野拓磨、古橋亨悟(初選出)、井手口陽介


FW:永井謙佑、鈴木武蔵、オナイウ阿道(初選出)


大迫選手の招集見送りについては、「彼の直近の試合は映像で確認し、メディカルスタッフが彼の所属チームと連絡を取ってくれて状態を把握した。招集も可能だったかもしれないが、よりコンディションの良い選手を招集させてもらおうと思い、見送りました」と説明する。


関連記事:W杯代表メンバー23人が決定 サッカーファンが失望するワケとは?

 

■全勝で突破したい

ここまでのW杯2次予選で3連勝していることについて「2次予選を全勝で突破したいと、私としてもチームとしても考えている。多くの人が『勝って当たり前』だと思っている中、選手たちが油断や隙を見せずに集中力を持ってハードワークし続けてくれたから3連勝できた」と語る森保監督。

森保一監督

さらに次のキルギス戦へ向け、「相手のことを知った上で我々がどれだけ力を発揮できるか。どんな対戦相手でも我々が成長できるようにという思いを持って戦いに挑みたい」と気合いを入れる。


■一部選手は交代

キルギス戦、そしてベネズエラ戦でメンバーを変えた狙いを問われ「キルギス戦に向けた戦った後、ヨーロッパ組の選手はコンディションを考慮し、よりよい状態でチームに戻ってもらいたい」と長友選手や吉田選手など、ベネズエラ戦を外れるヨーロッパ組の選手について説明する。

森保一監督

ベネズエラ戦には初招集の選手も多いが、「そのほかの選手は日本に戻ってきて、国内に合流する選手たちと一緒になってベネズエラ戦に向かう。

なかなか招集機会のなかった選手や初招集の選手も含め、選手たちの特徴を知り、個人としても代表としても経験値を上げてもらい、日本代表のレベルアップをしていきたい」と狙いを話した。

・合わせて読みたい→『サンモニ』、ラグビーを題材に政権批判 「いいように利用するな」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ