『ねほぱほ』に登場のツイッターインフルエンサー 煽り根性がたくましすぎる

『ねほりんぱほりん』(NHK)に、インスタグラムとツイッターのインフルエンサーが登場した。

ねほりんぱほりん

6日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には、インスタグラムやツイッターを中心とした3人のインフルエンサーが登場。

ファッションやコスメ、飲食店のPRで稼いでいるという3人だが、その中でもとくにツイッターのインフルエンサーに視聴者の注目が集まった。


 

■YOUも称賛

ツイッターでインフルエンサーをしている女性は、月に最高300万円を稼いだことがあると暴露。「1ツイートでサラリーマンの平均月収なんかゆうに超えます」と語る女性に、YOUは「サラリーマンの人テレビ見ないで消して!」と絶叫した。

また、インスタグラムのインフルエンサーが写真を可愛く撮れる法則について説明しつつ、自身がアヒル口をしている写真を見せると、ツイッター側の女性は「めっちゃ別人じゃないですか」とツッコミを入れ、加工していることが明かされると「必死じゃない?」と発言。

なお、インスタグラマーが「男性のフォロワーが増えた彼女感がある写真」について語り出すと、女性は「キツ! と思って」と正直に感想を述べ、YOUからは「いいですね!」と称賛が送られた。


関連記事:『ねほぱほ』インフルエンサーのマウント合戦が白熱 視聴者も「怖い…」

 

■応援する声が殺到

元々人の悪口などが大好きだという女性。たとえば「興味のない男と行くお寿司より、自分で握ったコシヒカリ」と恋愛系のネタをツイートすると、「生意気なこのブス女め!」という悪口を言われるという。

しかし、女性は「薪あげるから火つけてみ?みたいな感じ」と、炎上を楽しんでいるようだ。

そんな女性に対して、視聴者からは「論戦と煽り根性がたくましすぎて拍手したくなる」「ちょっとアレかと思ったけど信用できる」など、応援する声が殺到した。


■SNSでの紹介は効果アリなのか?

しらべぇ編集部が、全国10~60代のSNSをやっている男女895名を対象に調査を実施したところ16.9%が「SNSで紹介されている洋服を購入したことがある」と回答。

SNS服調査

インフルエンサーによって紹介された洋服に魅力を感じ、思わず購入してしまう人はある程度存在することが分かった。インスタグラムとツイッターという、畑が違うインフルエンサー同士の格闘には次回も目が離せない。

・合わせて読みたい→水原希子、ギャル時代の写真が今と違い過ぎて… 「誰?」「二度見した」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代のSNSをやっている男女895名 (有効回答数)

あなたにオススメ