コネ入社の若手社員、上司から面と向かって… パワハラ猫写に悲鳴

高畑充希主演ドラマ『同期のサクラ』の第5話が6日に放送され、様々な反響が寄せられている。

エンタメ

2019/11/07 14:00


 

■この会社大丈夫?

最善を尽くそうと父親への説得を試みたにも関わらず、異動させられてしまった葵とサクラ。

これまでにも上司からのセクハラ、パワハラと様々な問題が起こっていただけに、今回いの展開にはさすがに視聴者たちもヤバさを感じ取ったようで「パワハラの温床」「会社がやばい」「かなりのブラック」などの声が相次いでいる。


関連記事:クライアントからの電話に「またかよ!」 ワーママあるあるに共感の声

 

■子会社出向編にも期待

ついに本社ではなく、子会社に出向させられてしまったサクラ。しかし、出向先でもまた一波乱起こしそうな予感だ。

サクラがこのブラックな会社をホワイトにするためにどのように奮闘していくのか。その様子を最後まで見届けたい。

・合わせて読みたい→高畑充希、相武紗季と仲良すぎるツーショット 「これだけは言いたい」

(文/しらべぇ編集部・卯月