シバター 、田代&國母逮捕で“救いたい”動画連投 「救いたい人が多すぎる」

人気ユーチューバーのシバターが、國母和宏容疑者、田代まさし容疑者の逮捕を受けて「救いたい」動画をアップ。

2019/11/07 12:30


 

■「救いたい人が多すぎる」

有名人や同業のユーチューバーがやらかした際、一目散に海に向かって「救いたい」動画を出すことで知られるシバター。つまり便乗であり、実際に救えたのはコラボ動画内で結婚したと主張している、元タレントの坂口杏里(28)以外まだいない。

しかし、視聴者にとっては恒例となっているシリーズということもあり、コメント欄では「救いたい人が多すぎる2019」「救いたい人が多すぎて忙しい男」「國母のときよりちょっと日が暮れてて草」などの声が集まっている。

もっとも、中には「田代さんは昔ファンだったのでマジで救ってほしいです」など真面目なコメントを残す人の姿も。


関連記事:シバター、マホト活動再開で信者ファンを痛烈批判 「もし自分の妹が…」

 

■好きな芸能人が薬物使用で逮捕されたら…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「好きな芸能人が薬物使用で逮捕されたらどう思うか」について調査したところ、半数以上が「ファンをやめる」と答えている。

これまで何度も罪を重ね、「またかよ」「何度目なの?」と厳しい声があがることもあった田代容疑者だが、それでも彼を待ち続けているファンは数多い。また、國母容疑者に対しても、かつての輝きを知る人からは「なんで薬物なんか…」「そんなことするやつだとは思わなかった」と落胆の声が見られている。

依存性の高さから、「一生治らない」とされることも多い薬物依存。シバターに救える可能性は低そうだが、YouTube上で彼が発信することで、薬物の怖さへの理解が深まった人もいたのではないか。

・合わせて読みたい→槇原敬之容疑者、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕 2度目の薬物に「嘘だと言って」

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数)

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

YouTubeYouTuberユーチューバー覚醒剤田代まさしシバター國母和宏
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング