ドジャース・前田健太が悩む睡眠事情 「質は日によってバラバラ」

メジャーリーガーの前田健太が、都内で行われたイベントに登場した。

スポーツ

2019/11/07 19:00

前田健太

7日、『Philips SmartSleep新製品発表会』が行われ、MLBでロサンゼルス・ドジャースに所属する前田健太投手が登場した。


 

■前田選手の睡眠事情

自身の睡眠事情について問われ「シーズンオフは基本的には好きな時間に寝られて、好きな時に起きられるけど、シーズン中は19時から(試合が)始まって、23時帰宅。どうしても睡眠時間が削られることが多い」。

続けて、「日によって睡眠の質はバラバラ。どうしてもコントロールできない。自分でも良い睡眠なのか悪いのか、わからなくなる」と、睡眠の管理は課題の一つだったと話す。


関連記事:忙しい人が言いがち「ソファで寝ちゃった」 ソファで寝てほんとに体は休まるの?

 

■登板前日は…

登板前日の睡眠についても、「時間をとるようにしています。睡眠不足だと身体が重くなるので」と気をつけているという。

また、「先発だと4日間投げないようになりますが、疲れをとることも大事。トレーニングと睡眠を登板しない日は大事にしています」と心がけていることを語った。


■印象的だった試合

今シーズンは「印象的だったのはポストシーズン。登板して1イニングしっかりおさえられたのが印象に残ってます。ただ、(チームが)負けてしまい、勝ちきれなかったのが悔いに残ってます。ワールドチャンピオンになりたい気持ちは強まりました」と早くも来年の目標を口にした。

前田選手は今シーズン、10勝8敗3セーブ、169奪三振の成績をマークした。

・合わせて読みたい→錦織圭、睡眠へのこだわりを明かす 「明るい部屋はちょっとわからない」

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ