住む家を追われた元カレがとった行動にドン引き 「都合がよすぎる」

モトカレマニア第4話が7日に放送。元カレの自己中心な言動に視聴者騒然。

エンタメ

2019/11/08 15:40

女優の新木優子が主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第4話が7日に放送。

前回付き合う気がないのにユリカ(新木)にキスをし、ひろ美(ガンバレルーヤ・よしこ)に激怒されたマコチ(高良健吾)だったが、ふたたび自己中心的な考えで空回る彼に、SNSでは「わりと最低」といった声が多数寄せられている。


 

■憧れの先生と聖地巡礼へ!

学生時代の忘れられない元カレに会った丸の内さくら(山口紗弥加)は、既婚者である彼が自身に好意を寄せていることに戸惑いを感じていた。

最新刊の売り上げが悪いと告げられ、スランプ気味になってしまったさくらは彼女が青春時代を過ごした土地、すなわち小説の舞台である場所をユリカとともに訪れ、自身の過去と向き合うことで、このまま学生時代の恋に囚われたままではいけないと考える。


関連記事:元カレのハンカチから高級柔軟剤の香りが… 「知らなかった真実」に動揺

 

■マコチ、住む家を失う

一方、ひょんなことから「同棲してくれるならマンションを買う」という交換条件で契約を成立させたことが職場にバレてしまったマコチ。

同僚たちは「だらしないです。僕たちそういう営業してないです」「大丈夫大丈夫で乗り切れる世の中じゃない」と彼を軽蔑する。その上、色々と吹っ切れたさくらから同棲を解消したいとの申し出が入る。

マコチがずっと好きな人に似ていること、余裕がある大人のフリしてお互い都合のいい時だけ頼ってしまう関係が不毛であるためだと静かに語られた。

次ページ
■キスをした理由

あなたにオススメ