元ソフトバンク・大場翔太、YouTubeに救われた過去 「最後の3・4年間は…」

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスなどで活躍した大場翔太さん。現在は…。

大場翔太

プロ野球・福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズで活躍した大場翔太さん。競輪選手になるため試験を受けたこともあったが、現在はアルバイトで生活を営むかたわら、YouTubeで野球の魅力などを配信する日々を送っていた。


 

■チャンネルは2つ

大場さんが配信するチャンネルは2つ。「ばっくすTV」と、「大場翔太ベースボールラボラトリー」だ。2つに分けた理由は、「YouTuberっぽい」の一言に尽きる。

大場さんに限らず、多くのYouTuberは「メインチャンネル」と「サブチャンネル」の2つで使い分けている。大場さんの場合、「ばっくすTV」がメイン、「ベースボールラボラトリー」はサブ。

メインとサブの登録者人数には10倍以上の開きがあり、大場さんは「ラボラトリーのほうもチャンネル登録してほしい」と呼びかける。

———開設当初、顔を出さずに声だけでした。

「やる前からYouTubeがかなり難しいのは知っていました。トークスキルも必要。3月の開設当初、『顔出せば?』と周囲から言われていましたが、僕には準備が必要だった。


内容、トークも段階踏まないと絶対増えないと思っていましたので。最近はちょっとうまく喋れるようになってきたかなと思ったので、顔を出すようになりました」


関連記事:ホークス・福田秀平選手は「長い年月を経て…」 元同僚が語る苦労人

 

■ユーチューバーへのきっかけ

———かつて、「YouTubeに救われた」ことがあったとか。

「(現役の時)最後の3・4年間はうまくいかないことが多かった。頑張っても結果につながらない時期があって。やるせなさ、悔しさ、無力感があって…。そんななかで、日々の楽しみは、休みの前に夜ふかしをしてYouTubeを見ることでした」


「プロ野球選手は現場だけじゃなくて、家に帰ってからも研究したり、身体のケアしたり…。24時間野球に捧げている中で、YouTubeでバラエティとかくだらなくても面白いものを見て、気持ちをリフレッシュ。


で、また明日から頑張ろうかなと。(リフレッシュさせてくれたのは)それだけじゃないけど、(思わせてくれたひとつが)YouTube。ただ、当時は野球やめたらYouTubeやろうと思ってなかったですけど」

次ページ
■競輪選手の試験は…

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ