宝くじで1億円をゲットした男性 「あまりの強運」でじつは過去にも…

宝くじは当てること自体が難しい。ましてや1億円など「夢のまた夢」でしかない。

社会

2019/11/10 09:00

宝くじ
(Evgen_Prozhyrko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「宝くじには特に運の強い人がいて、当たる人は何度でも当たる」などという話を聞いたことがある。本当にそうなのかと疑わしく思ってしまうが…。


 

■気軽なスクラッチで1億円

米国マサチューセッツ州の州宝くじのひとつで、インスタント・スクラッチタイプとなる「4ミリオンドル・ インスタント・ジャックポット」。

先月30日、ウースター郡メンドンに暮らすロルフ・ローズ(Rolf Rhodes)さんという男性が、その宝くじで100万ドル(日本円にして約1億830万円)の賞金に当選。長期の分割で満額を受け取ることより、高い税金を支払って一括で受け取る方法を選んだ。


関連記事:宝くじで笑いが止まらない男 2億円当てた2年後にまた高額当選

 

■恐ろしいほどの強運

その当選イベントで堂々と実名を語ったローズさん。彼は中央に小切手が示された派手な柄のプレートを受け取ると、嬉しそうにそれを顔の横に掲げた。

だが彼は高額当選者にありがちな興奮や緊張で手が震えたり、スピーチの声が上ずったりということがない。とんだ強運の持ち主であるローズさんは、なんと1年半前となる2018年5月にも別のタイプの州宝くじに当選し、同額の100万ドルを手にしていたのだという。

次ページ
■税引き後の額を一括で受け取る