「がん闘病中の私に寄付を!」 嘘つき妻の詐欺行為を夫が通報

とんでもない嘘つき女が、ネットを悪用。悪質な犯行手口に家族も驚いたという。

社会

2019/11/10 07:30

怒る男性
(trumzz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

がん患者のふりをして、多額の寄付金をだまし取った女がいる。それを知り驚いた夫が警察におもむき「妻はがん患者ではありません」と伝えたことから、当局が本格的な捜査に乗り出した。


 

■「私を助けて」と寄付を募った女

米ペンシルベニア州で暮らす30代の女が、今年の6月にFacebookとクラウドファンディングサイトの利用を開始。そこに「私はがん患者です」「育児にもお金がかかるのに請求書がたまる一方です」などと書き込み、経済的な支援を募るようになった。

それを読み同情した人たちが続々と寄付金を送った結果、日本円にして100万円以上ものお金が女の口座にたまったとのこと。しかしこの女は、とんでもない秘密を抱えていた。


関連記事:「黒人は帰れ!」差別発言に黒人男性が激怒!アフリカ渡航の寄付募る

 

■詐欺疑惑に反論

女の友人によると、女がサイトに記載していた診断や治療に関する内容はひどくあいまいだったとのこと。また治療先であるはずのメディカルセンター名を間違えて記載していたこともあり、「詐欺師じゃないのか」という声が上がり始めた。

そこでこの友人が自身のポッドキャストに女を招きインタビューしたところ、女は「疑う人は化学療法についてきなさいよ」と発言。それでも詐欺疑惑が根強く、女は何度か通報し「ネット上で嫌がらせを受けている」と警察に伝えていたという。

次ページ
■驚いた夫が通報

この記事の画像(1枚)