「がん闘病中の私に寄付を!」 嘘つき妻の詐欺行為を夫が通報

とんでもない嘘つき女が、ネットを悪用。悪質な犯行手口に家族も驚いたという。

社会

2019/11/10 07:30


 

■驚いた夫が通報

これを知り驚いた夫は、7月に知人を伴い警察署に急行。そこで妻の行為は詐欺にあたるとして、「そもそも妻にかかる医療費は僕が勤務している会社の保険でカバーされています」「妻が治療を受けたとする記録などありません」と伝え、「妻はがん患者ではありません」ともつけ加えたという。

これを受け当局が捜査を開始したところ、手術を受け化学療法を受けているという女の主張は嘘であると判明。このほど女の逮捕に踏み切った。


関連記事:がん患者を万引きで収監 「受診の許可を!」と地元政治家が裁判所を批判

 

■とんでもない嘘つき

この女は今年7月に「父が亡くなった」と上司に伝え休みをとったというが、そのような事実はなくずる休みだったことも判明。仕事についても「看護師なの」と話していたというが、それも事実ではないことが明らかになった。

なおクラウドファンディングサイトを通し寄付金を送った人にはお金が戻るようサイトと当局が協議を進めているが、Facebookを通しての寄付については返金可能かどうかさえ不明だという。悪質極まりない女は、今月中に出廷を予定されている。

・合わせて読みたい→夫婦喧嘩がエスカレート ソファに火をつけて夫を殺した子だくさん母

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

この記事の画像(1枚)