ゆで卵41個をがむしゃらに食べた男性が急死 金を賭け友人と大食い競争

そもそも「早食い」とか「大食い」で誰かと競い合うこと自体が危険だ。 

2019/11/11 08:20

卵
(tiler84/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

完ぺきな栄養素と美味しさゆえ、多くの人から愛されている「卵」。だが何事もほどほどに…。インドから恐ろしい話題が伝えられた。



 

■42歳で無念の死

インドのウッタル・プラデーシュ州に暮らしていた42歳のスブハシュ・ヤダヴ(Subhash Yadav)さん。彼はすでにこの世の人ではない。

「ケリをつけるとはいえ、あんな危険なことを試すべきじゃなかった」「わずかなお金のために、こんな形で命を落とすとは」と、お墓の下で今はただ自分の愚かさを後悔していることだろう。


関連記事:松田丈志、あふれる納豆愛を激白 「海外で賞味期限の切れた納豆が輝いて見えた」

 

■ある映画に触発された2人

その日、「どちらが多く卵を食べられるか」をある友人と競い合うことにしたヤダヴさんは、ジャウンプルの市場で大量の卵を調達するとそれを固くゆでた。

じつはポール・ニューマン主演の1967年のアメリカ映画『Cool Hand Luke(邦題:暴力脱獄)』で、ゆで卵を50個食べるシーンを見ていた2人。その日、口論になったことをきっかけに「ゆで卵の大食い競争で喧嘩のケリをつけよう」ということになったという。

次ページ
■医師は手を尽くすも…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

インド映画大食いコンテストゆで卵競争チャレンジ生卵早食い
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング