「世界一長生きの夫妻」2人合わせて211歳 出身国は意外にも…

この夫妻が生まれ育ち、今なお暮らしているのは「ファストフード店だらけ」で知られる土地だ。

2019/11/11 07:45

高齢者
(Ridofranz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夫婦仲さえよければ、2人そろって健康で長生きしたいと心から思うものだ。その「2人そろって」がなかなか難しいといわれているが…。



 

■『ギネス世界記録』も祝福

「世界一長生きしている夫婦」について、このほど記録が新しく塗り替えられたことを『ギネス世界記録』が公式ホームページで大きく報じた。

新しく世界一と認められたのは、夫が106歳、妻が105歳で二人合わせて211歳175日という夫妻だが、彼らがいわゆる「長寿大国」といわれるような国の出身ではないことにも注目が集まっている。


関連記事:加藤浩次、劇団ひとりの食生活から大沢あかねとの離婚危機を指摘

 

■来月には結婚80周年

2人は米国テキサス州オースティンのシニア向けコミュニティに暮らす、ジョン・ヘンダーソンさん(1912年12月24日生まれ)とシャーロット・ヘンダーソンさん(1914年11月8日生まれ)。はるか昔に州立テキサス大学で出会い恋愛結婚した2人は、来月に結婚80周年を祝う予定だ。

シャーロットさんは105歳の誕生日を迎えたばかりだが、来月24日にはジョンさんが107歳になり、夫妻の記録がまた1歳伸びることにも期待が集まっている。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■節度ある食生活の大切さ
結婚夫婦世界記録健康アメリカ年齢ギネスブックファストフード長寿寿命
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング