捕獲されたイタチザメの胃袋から行方不明者の手 指輪で身元が判明

「怖い」と怯えながら夫の帰りを待っていた妻に見せられたのは、夫の体の一部だった。

2019/11/11 09:00


 

■胃袋の中にあった人間の手

胃袋の中から出てきたのは、なんと男性の手だったとのこと。

その指には結婚指輪がはめられていたことから、男性の帰りを信じ待っていた妻が手と指輪を確認。「夫に間違いありません」と話したという。


関連記事:「世界中を航海したい」 旅に出た中年男性の腐乱死体をヨットで発見

 

■政府の声明

この経緯につき知らせを受けた英政府は「シュノーケリングの最中に英国人男性が亡くなりました」「私どもは男性のご遺族をサポートしており、地元当局とも連絡をとりあい動いています」と発表している。

ちなみに男性が姿を消した地域はサメが出やすく、2013年には一部でのサーフィンや水泳が禁止になったとのこと。今年もサメに襲われて亡くなった人が二人出たと言われている。

この島ではこのような被害を防ぐべく危険な区域の付近には「遊泳禁止」といった看板も立てられていたとのこと。それでも間違って海に入る人がいることから、船を用意し捜索活動に備えていたという。男性を待っていた妻の悲しみは、いかばかりか。

・合わせて読みたい→ドローンが大活躍 極寒の森で迷った視覚障害者を33時間ぶりに保護

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

結婚指輪休暇指輪サメ研究発見イタチザメ胃袋
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング