Gカップグラドル・樹智子、過激すぎる衣装で「危険なオンナ」に変身

グラドル・樹智子が、まるで下着のように大胆な水着でイベントに現れ…。

オトナ

2019/11/12 20:50

樹智子

2枚目となるイメージDVD『神様がくれた恋』(サウスキャット)を10月にリリースしたグラビアアイドル・樹智子がイベントに登場。目が覚めるようなイエローの水着を纏った彼女を直撃すべく、しらベぇ編集部がイベント会場へと向かった。


 

■今作のシチュエーションは…

今作では「冴えない画家の元へ応援に訪れた女性」という役割を見事に演じて見せた彼女。かなりキワドい衣装にもチャレンジしており、シールニップレスを着用したのは今回が初めてとのこと。

作品全体を通して、「もう…胸の形がバレちゃってますね」と恥ずかしそうに語ってくれた。


関連記事:Gカップグラドル・樹智子が初DVDで大胆露出 「過激な衣装で恥ずかしかった」

 

■過激なシーンは数あれど

樹智子

最も恥ずかしかったシーンを聞くと、「どのシーンも恥ずかしかった」と何とも初々しい答えが返ってくる。あえて1つに絞ってもらうと、浴衣を着用していたシーンが一番恥ずかしかったという。

シールニップレスのほうが何倍も恥ずかしかったように感じたが、話を聞いてみると浴衣を少しずつ脱いでいくシーンだったことが発覚。「身体をキャンバスにしちゃうわけですね」と思わず反応すると、彼女も似たようなイメージを抱いていたらしく気持ち良い笑顔を見せてくれた。


■普段は選ばない色

樹智子

作品の内容も気になるが、派手目なカラーリングのイベント衣装につい目が引きつけられる。衣装のポイントを訊ねると、「黄色を着ることがなくて、今回が初めてなんですよ」という意外な答えが返ってきた。

とてもよく似合っているだけに初めてとは思えなかったが、「黒と黄色で危険なオンナを出してみました」と茶目っ気あるコメントも登場。今後も様々な衣装に挑み、今までにない表情や魅力をアピールしてほしい。


【樹智子(いつき・ともこ)】

1993年4月13日生まれ//T164B89W62H92

・合わせて読みたい→清楚系グラドル・近藤あさみ 「なんとも思わない」と浴衣を自ら脱いでいく?

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)