上京後に入った芸能養成所で詐欺被害 歌手・ゆきこhrが今に感謝する理由

『SHOWROOM』の「しらべぇ独占インタビュー獲得オーディション!」を勝ち上がった、ゆきこhrにインタビューを行った。

ゆきこhr

双方向コミュニケーション仮想ライブ空間『SHOWROOM』の「しらべぇ独占インタビュー獲得オーディション!」で、歌手のゆきこhrが見事に権利を勝ち取った。

『SHOWROOM』視聴者に「絶対的」と言わしめる存在の彼女に、歌手になるまでの道のり、来年2月11日に行われる単独ライブにかける思いについて話を聞いた。


 

■宮崎なまりがキュート

ゆきこhr

———ゆきこの後ろに付いた「hr」とは、どのような意味なんですか?

ゆきこ:名字の略なんです。本名だと、他にも同じ名前の方がたくさんいらっしゃるので、絶対に被らないであろう「ゆきこhr」にしました。


———なるほど! スッキリした方も多いと思います。宮崎なまりも特徴的ですよね。

ゆきこ:最初は標準語で頑張ろうと思ったんですけど、イントネーションを訂正されることが多くて。だから、逆に強みにしようと思って、ライブ中のコール&レスポンスも宮崎弁でするようにしています。


———どんなコール&レスポンスなんですか?

ゆきこ:「やっちょんな!? やっちょっよ!」です。「何?」って感じですよね(笑)。最初はみんなポカーンでした。「元気でやってる?」という意味で、宮崎のじいちゃん、ばあちゃんが使っているような言葉です。


関連記事:ボーイズグループ「CUBERS」 現役大学生の末っ子・優とアイドルオタク・9太郎に迫る

 

■「養成所でダマされたんです」

———現在は東京で活動されているわけですが、歌手になるために上京されたんですか?

ゆきこ:芸能活動に興味があったので、就職のタイミングで上京しました。もともと女優になりたくて。


でも、18、19歳で受けられるオーディションが当時少なくて、1年後に会社を辞めて、養成所に入りました。そしたら、ダマされてたんです…(笑)。


———ダマされてたんですか!?

ゆきこ:その養成所では、デビューをかけた公開オーディションが3ヶ月に1回行われていたんですけど、そこに参加していた審査員が全員、サクラだったんです!


———ひどい…。よく気がつきましたね。

ゆきこ:当時、エキストラ会社に登録していたんですけど、その会社から、私が受けるオーディションの募集が流れてきたんです。証拠を出して、お金を取り戻せたから良かったですけど、散々でした。


でも、素敵な出会いもあって、派遣で養成所に教えに来ていたボイストレーナーの先生には、すごくお世話になりました。「あなたは女優よりも歌のほうが向いてる」って、歌手になるきっかけをくれた方で、養成所を辞めるサポートもしてもらいました。

次ページ
■2万円を払ってライブに出演

この記事の画像(7枚)