お金の話はしづらい? 男性よりも女性のほうがお金の話題に苦手意識も…

女性の約6割はお金の話はしづらいと感じているようで…

ライフ

2019/11/13 12:00

悩む女性
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

給料や家賃についてなど、お金の話を聞かれ、話にくいと感じたことがある人もいるのではないだろうか。お金の話をすることで使い方や節約方法などについて情報交換ができ、メリットもあるのだろう。

その一方で、人によってはお金の話は下品だと感じたり不快な気持ちになることもあるようなので話題にする際は注意が必要だろう。


画像をもっと見る

 

■半数が「話しづらい」

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,733名を対象に調査したところ、「お金の話はしづらいと感じる」と回答した人は、全体の53.5%であった。

お金の話

なお、男性46.5%、女性59.6%と、女性のほうがお金に関する話題に苦手意識を持っている人が多いようだ。


関連記事:お金もかからないから? 10代男性の8割が休日は家でゴロゴロしていると判明

 

■女性は男性よりも…

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

お金の話

もっとも割合が高かったのは、50代女性で64.5%。30代女性が63.9%、40代女性が62.6%で続く結果に。女性は20代以降の割合が半数以上と高くなっているのが特徴的だ。

一方、男性でもっとも割合が高かったのは60代男性で54.4%。年代が上がるにつれて割合も高くなっていく傾向があるようだ。

割合の高い30~50代女性は、結婚して家計の管理をしている人のいるかもしれない。お金の話をすることで、家庭の金銭的な事情を話さなくてはいけなくなり、詮索されているように感じる人が多いのだろうか。


■自由業の7割が

さらに、この結果を職業別に見ていくと…

お金の話

もっとも割合が高かったのは、自由業の人で71.8%と突出。対して、もっとも割合が低かったのは自営業の人で42.5%と、自由業と自営業では29ポイントも差が開いている。

自由業の人は、収入が給料制ではなく出来高制の人も多いのではないだろうか。

年代や勤続年数、お店の繁盛具合によって収入が推測しやすい職業に比べて、技術やこなした業務によって収入が変わる自由業の人のほうが、人によって状況が違うことも多く、お金の話は話題にしずらいのかもしれない。

・合わせて読みたい→流行の服だから? 10代女性の約半数が「人と服装がかぶってしまう」傾向も

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1733名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)