恋愛や結婚だけではなかった! 人々が運命を感じる出会いとは

日々の生活を営む上で、出会いは欠かせないものである。中には、運命を感じさせる出会いもあるだろう。

人間関係

2019/11/14 11:00


 

■付き合った当初には運命を感じても

今まで付き合った人すべてに、運命を感じていた女性も。

「付き合いたての頃には、すべての人に運命を感じていた。しかし冷めてきたり別れたりしたら、『運命だと思ったのは、間違いだった』と思う」(20代・女性)


運命を感じて結婚したものの、離婚してしまうケースもある。

「僕はバツイチなんだけれど、前の妻と結婚したときには『この人しかいない』と運命を感じていた。そのときの自分は、別れるなんてことを考えてもいなかった。


結局はさまざまなすれ違いが起きてしまって別れたけれど、出会った運命は否定しないでおきたい」(40代・男性)


関連記事:初デートで飲酒運転事故 女性の脚を切断させた男が「治療費欲しいなら結婚して」

 

■出会いのすべてが運命に

すべての出会いが、運命であるとの意見も。

「運命となると恋愛を思い浮かべる人が多いかもしれないけれど、人生の中での出会いすべてに当てはまるんじゃないのかな?


この広い世界の中でせっかく出会えたのだから、できる限りは全員といい関係でありたいもの。ただそうはいかないのが、人間関係の難しいところだけれど」(30代・男性)


すべての出会いを、大切にしたいものである。

・合わせて読みたい→『イッテQ』イモトに続くカップル成立の予感 「何これ…」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年8月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)