5年前に暴行した女性に再び声かけた男らが逮捕 確認しておきたい性犯罪の時効

被害者の前にまた現れた男たちの目的とは…

オトナ

2019/11/14 20:50

拉致・暴行
(coehm/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

宮城県警大河原署は13日、同県亘理町の会社役員(22)と会社員の男(22)、それぞれ犯行当時(17)、同(16)を集団強姦の疑いで逮捕した。しらべぇ取材班は、宮城県警などから話を聞いた。


 

■犯行を繰り返していた男たち

逮捕容疑は2014年9月29日午後6時35分ごろ、男らは共謀のうえ、名取市の駐車場の敷地内に県南部に住む女性(10代)を呼び出し、性的暴行を加えたもの。

大河原署によると、犯行当時、2人は高校生で、女性とは知人だったという。2018年12月に2人が女性のアルバイト先に現れ、女性に声をかけたことから女性が同月に同署に相談。同署が捜査していた。

2人は、大河原町の会社敷地内で2014年8月7日午後9時ごろに、この女性に対して無理やり衣服を脱がせたうえ、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、今年10月に強制わいせつの疑いで逮捕されていた。同署は余罪があるとみて追及している。


関連記事:強制性交未遂男が驚きの供述 性犯罪を繰り返す「性嗜好障害」とは…

 

■高い性犯罪の再犯率

法務省が発表した2015年の『犯罪白書』によると、性犯罪の刑期を終えたあと5年以内に、また性犯罪に手を染めた割合が、25.4%。そして、一度子どもに手を出した犯罪者の再犯率は、84.6%と極めて高い。

以前は強姦罪、強制わいせつ罪は、親告罪(犯人を処罰するかしないかの判断を被害者の意思に任せる)に該当していたが、2017年7月13日に刑法の一部が改正。強姦罪や強制わいせつ罪は親告罪ではなくなり、強姦罪は強制性交等罪に罪名も変更された。

この刑法改正により告訴状は不要となり、被害者に対する複数回の処罰に関する意思の確認が減ったため、刑法改正前の「告訴がなければ犯人が裁判に掛けられない、処罰されない」といったことはなくなった。

次ページ
■性犯罪の時効は

この記事の画像(1枚)