上原浩治、サイングッズ転売にショック 「止めていただきたい」

元プロ野球選手の上原浩治が、ファンの行動にショックを受けた。

スポーツ

2019/11/15 14:00

上原浩治

元メジャーリーガーの上原浩治氏が14日、ツイッターを更新。フリマアプリ『メルカリ』で自身のサイン入りグッズが出品されていることにショックを露わにした。


画像をもっと見る

 

■「もうプレゼント企画したくなくなる」

この日、上原氏は「残念な投稿です」と始め、「このようなことをされると、もうプレゼント企画とかをしたくなくなるので、止めていただきたいです」と投稿。

投稿した写真には、メルカリに自身のサイン入りスパイクが出品されているのが確認できる。上原氏は「誰とか、人探しをしたくないので、皆さんの良心でお願いします」と、サイングッズの出品を控えるよう求めている。


関連記事:GACKT、オークション出品したらケタ違いの金額に 「これはやりすぎ…」

 

■過去にも…

プロ野球選手が、自身のサイン入りグッズ出品を悲しむのは過去にもあった。例えば、オリックスの小田裕也選手。

4日、「流石にすぐはショックですね」とツイート。前日に行われたサイン会でもらったものが同じくメルカリに出品されているのを発見し、悲しんでいる。


■ネットオークションで揉めたことがある?

なおネットオークションについてはこんな調査がある。しらべぇ編集部が全国20~60代のネットオークションを使ったことがある男女648名を対象に調査を実施。「ネットオークションで揉め事に巻き込まれたことがある」と回答したのは22.1%だった。

ネットオークションの調査

練習、試合の後にファンサービスをしてくれる選手への裏切り行為。やめていただきたいものだ。

・合わせて読みたい→メルカリで2箱6千円のマスクを購入 出品者の正体に「切なくなった…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代のネットオークションを使ったことがある男女648名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)