ラグビー日本代表、じつはルールがわかっていなかった 「全然にわかで大丈夫」

『櫻井・有吉THE夜会』にラグビー日本代表が登場し驚きの事実を明かして…

エンタメ

2019/11/15 15:00

ラグビーワールドカップ

日本中を熱狂させたラグビーワールドカップ。目標のベスト8に躍進した日本代表の姿に感動した国民は多いだろう。

14日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)には、そんなラグビー日本代表が登場。複雑なラグビーのルールについて、「じつはそんなにわかっていない」ことを告白し、ラグビーファンを驚かせている。



 

◼ラガーマンあるある

日本にラグビーブームを巻き起こした今回のW杯。激戦を戦い抜いた日本代表が「ラガーマンあるある」を語っていく。

物を落とすと「ノックオン」と言いがち、曲がり角でステップを踏みがちなど、ラガーマンなら納得のあるあるが披露されていくなか、出演陣を騒然とさせたのが「実際のところ、ルールをよくわかっていない」というもの。これをバックス・田中史朗選手が解説した。


関連記事:ラグビー・山中亮平、ファッションで表彰も… 姫野和樹のイベント欠席に「残念」

 

◼ルールを知らない?

ルールが複雑なラグビーだけに、自身のポジション以外のルールについては把握していないと田中選手は明かす。

例えば、フォワードが担当するスクラムでは、プレイ中に審判の笛がなっても何が起きているかわからないため、隣りにいたフォワードに「今のなんなん?」と質問すると笑う。

同じくバックスの福岡堅樹選手も、「とりあえず笛がなったら審判を見る。マイボールだったら『ナイス!』って盛り上げる」と告白。テレビの前で観戦していた視聴者と同じようなタイミングで試合展開を知ると明かし、「全然にわかで大丈夫」と主張した。

次ページ
◼にわかファンも安心