銀行口座をいきなりブロックされた女性 行員が謝罪した「とんだ誤解」

銀行はその女性について、何度でも本当に口座の所有者なのか怪しんだ。なぜなら…。

社会

2019/11/17 18:20

ATM
(MJ_Prototype/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

クレジットカードや銀行のカードが入った財布。もしもそれを紛失してしまったことに気付いたら、あなたはまず何をするだろうか。



 

■長い取引にもかかわらず…

英国のサリーで看護師として暮らすロレイン・シャデムンフさんは、大手民間銀行の「バークレイズ銀行(Barclays PLC)」に口座を持っている。1997年からの長い付き合いだった。

ある時、カード類が入った財布を紛失したことに気付き、直ちに銀行に電話したロレインさん。不正利用の被害を食い止めるため、一時的にカードを無効にと考えてのことだったが、口座そのものが完全に凍結され利用できなくなってしまった。


関連記事:ローソンのATMにカードを入れたら… “異変”に驚きの声相次ぐ

 

■口座を凍結されると…

行員による個人の銀行口座の凍結(ブロック)は、口座所有者の死亡、自己破産申請などによる債務整理、不正な口座開設の発覚などで行われる。

そのいずれの理由もないのに銀行口座を凍結されてしまったら、とにかく困る、焦る、苛立つ。給料は振り込まれなくなり、クレジットカード、各種公共料金、教育費、サービス料金などの引き落としができなくなってしまうのだ。

次ページ
■「不審な男からの電話」と行員

この記事の画像(1枚)