「世界一危険な登山道」自撮りで滑落死 国に損害賠償を求めるのはアリか

自撮りによる滑落死亡事故が絶えない昨今。残された遺族の気持ちもわからないではないが…。 

社会

2019/11/17 07:45

危険自撮り
(lzf/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自撮りに夢中で足元の注意がおろそかになり、無念にも滑落。よくて重傷、最悪の場合は死が待っていることだろう。その責任はいったい誰にある…!?


 

■世界一危険な登山道で

急峻な岩山が連なり、多くの寺院が点在することで知られる中国陝西省の華山。中国五名山の一つで、『奇険天下第一山(世界一危険な登山道)』の異名をとる「長空桟道」が有名だ。

そこで先月下旬、危険をかえりみず自撮りに挑戦した女子大生が滑落死。「登山者の安全保護対策と管理が行き届いていないため娘は犠牲になった」として、遺族が華山国立公園側を強く非難したことから問題が勃発した。


関連記事:富士山登山の配信中滑落した男性、遺体で発見か 増える配信者の事故

 

■死亡弔慰金では不満な遺族

国立公園側はその事故後、「人道上の見地から」として遺族に40,000元(日本円にして約62万円)を死亡弔慰金として支払いたいと申し出た。

ところが遺族は「それでは足りない」と国立公園側に高額の損害賠償を請求。それに対し、国立公園側は「そもそもお嬢さんの危険な行動に責任がある。損害賠償という意味あいのお金は支払えない」と拒否。協議は決裂してしまった。

次ページ
■自撮りは自己責任で