1歳児が栄養失調で衰弱死 ヴィーガンの両親は果物と野菜しか与えず

肉や魚のほかに卵も乳製品も拒んでいた両親。しかし果物や野菜だけでは赤ちゃんは育たない。

社会

2019/11/19 10:00


 

■標準体重半分以下の赤ちゃん

検死当局は解剖結果報告書において、その赤ちゃんに脱水症状、栄養不良が原因となるタイプの脂肪肝、手足のむくみなどが確認され、体重は7,620グラムと同じ月例の赤ちゃんの標準体重の半分以下しかなく、歯も生えていなかったことを指摘。

これによりケープコーラル警察に逮捕されたライアンとシーラについては、育児放棄、怠慢および虐待に起因する過失致死容疑でこのほど正式に起訴された。


関連記事:16歳で体重わずか19キロ 息子を餓死させた32歳鬼母を逮捕

 

■卵も乳製品も拒否

肉や魚を食べないことは共通のベジタリアンとヴィーガンだが、両者の簡単な違いは乳・乳製品や卵、はちみつを食べるのがベジタリアンで、食べないのがヴィーガンだといわれている。

うえの子供たちに関して疑われる栄養失調も含め、複数の容疑で裁かれるであろうこの両親。ヴィーガンである2人は、子育てにおける食育の方針もきわめて頑ななものだったことを認めているという。

・合わせて読みたい→保育園のメニューが完全ヴィーガン化 「相談もなく決めた」と怒る保護者も

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)